砂糖が悪い、糖質も悪い?

 sugar-173517_640
 

こんにちは
パーソナルトレーナーの宍戸です。
 

先日このような質問を受けました。

「砂糖ってカラダに悪いから、
 糖質はできるだけとらないほうが
 よいんですよね?」

この話、あなたはどう思いますか?

”正しい”でしょうか、
それとも”間違い”でしょうか?

答えは、
半分正解で半分間違っています。

どういうことかというと、、、

砂糖と糖質を分けて考えると、
答えが見えてきます。

 

はじめに覚えてほしいのが、
人間は小さく分解した栄養素しか
吸収できないことです。

糖質も同じで、
一番小さい形である『単糖』
まで分解しないと吸収できません。

この単糖、かなりの種類
が存在しますが、

人が利用できるものは
3つしかありません。

この3つの組み合わで、
さらにたくさんの種類に
分かれていきます。

たとえば、
2つずつ組み合わさると
2糖類と呼ばれます。

また、
たくさん組み合わさると、
多糖類と呼ばれます。

2糖類の代表的なものだと、
砂糖、麦芽糖、乳糖があります。

多糖類ですと、
デンプンがあります。

デンプンは、お米やパン、
うどんやパスタ、
イモなどに含まれています。

ここまで読むと分かると思いますが、
砂糖だけが糖質ではないのです。

 

糖質はむしろ摂らないと
カラダにマイナスの影響を与えます。

なぜ糖質を摂らないといけないのか?

糖質は脳のエネルギー源になるし、
カラダを構成する材料にもなるからです。

また、脂肪を燃やすためにも
糖質が必要なのです。

 

ただし、糖質が必要と言っても、
「何からとるか」「どのくらいとるか」
に、注意する必要があります。

人が利用できる3つの単糖の中には、
すぐに脂肪になるものもあるので、
これはなるべく減らしたほうがよいです。

また、カラダに必要と言っても、
摂り過ぎはマイナスとなります。

糖質の種類と量』には、
注意してくださいね。

 

「砂糖が悪いから糖質も悪い」

のように、
マイナスとプラスをミックスさせ、
すべてが悪者に
されている場合
が多々あります。

「脂肪はカラダに悪い?」
「肉もカラダに悪い?」

これらもマイナスとプラス面を
混同させて、すべてが悪者に
されている場合があります。

情報があふれかえっている
現在だからこそ、

情報を選ぶ目を養って
くださいね。

 
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
 
 
★パーソナルトレーニングに
 興味を持たれた方は以下をご覧ください
 
『カラダのゆがみを整えスタイルアップ』
パーソナルトレーニングはこちら