しなやかな筋肉をつくるには

rubber-bands-885876_640

 

こんばんは
パーソナルトレーナーの宍戸です。

しなやかな筋肉

この言葉を雑誌などで
聞いたことがありませんか?

では、しなやかな筋肉とは
具体的にどのようなものでしょうか?

わたしのイメージだと、

「ただやわらかいだけではなく、
 必要なときにきちんと力も
 出すことができる筋肉」

 

他の表現だと、
弾力性のあるゴムのような
イメージです。

 

スポーツの世界でも、

「おもちのように柔らかく、
 力を入れたら硬くなる筋肉がよい」

と言われたりします。

このような『質のよい筋肉』は、
ケガしづらいだけでなく、
高いパーフォマンスを発揮するので、
アスリートにとっても大切です。

では、

『しなやかな筋肉』=『質のよい筋肉』

どうやってつくっていくのか?

 

“ しなやか ”や” 柔らかく ”
のイメージから、

「ストレッチがいいんじゃない?」

と思う方も多いと思います。

 

実はストレッチだけでは、
このような筋肉をつくれません。

筋肉の状態を表すには
さまざまな要素があります。

専門用語で表すと、
『筋力』『柔軟性』『筋持久力』
『弾力性』などがあります。

この中で弾力性は、
筋肉が引っ張られたときに
元に戻ろうとする力を表します。

まさに筋肉のゴムのような性質
ですよね。

弾力性は、筋肉を構成する
あるタンパク質に由来します。

このタンパク質を
よい状態につくりかえることで、
ゴムのような筋肉ができあがるのです。

では具体的に、どんなトレーニングを
行えばよいかというと、、、

長くなったので次回お話します。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

 

★パーソナルトレーニングに
 興味を持たれた方は以下をご覧ください
 
『カラダのゆがみを整えスタイルアップ』
パーソナルトレーニングはこちら